2011/09/04

ファンタジー小説大賞お勧め第一弾(ひとこと追記) 【諸々

[ ]
アルファポリスさんのファンタジー小説大賞に参加している614作品のなかから、完結・読切で面白かった作品をご紹介。(順番に読んでいくという分量を越えているので過去に読んでいた作品が多いです。)

作品名からリンクしているのはアルファポリスさんの作品登録ページです。興味をお持ちの方はリンクから詳細をご確認下さい。( )内は作品と主人公に関する補足で、短編・中編・長編の区分は読んだ私の印象です。

☆9/8 各作品にひとこと追記しました。

BLANCA」スイ様(中編/架空の国のファンタジー/女児~10代女性・奴隷)残酷表現有
 完結したばかりの旬の作品。長い長い年月の間を縫うように、短い言葉で綴られたシリーズ。
後日談」Ill-say様(中編/天界魔界のファンタジー/年齢不詳女性・魔術師)【R18】残酷表現有
 こんな目に遭うのは嫌です。でも読んじゃう。
私の彼女」ふじたに様(中編/SF寄り現代ファンタジー/10代女性・女子大生)
 女子校出身者として最後の仮説が面白かったです。
タブレット搭載androidを購入してみました」モギイ様(短編/近未来SF/アラサーっぽい女性・会社員)【PG12】
 どこかずれたまま続く会話が独特のおかしみを醸し出しています。(←別所レビューから再録)
貴方の眠り買います」宇苅つい様(短編/近未来SF/60代男性・無職)
 主人公の心持が分かるような。時間を持て余す人生の再発見。
炒り豆をめぐる冒険」GB様(短編/異世界ファンタジー/10代女性・癒やし手)
 距離に隔てられた人の心は防人の歌から変わらないことよ。(←別所レビューから再録)
黒の黄昏(完全版)」GB様(大長編/異世界ファンタジー/10代女性・魔術師)【R18】残酷表現有
 主人公達の緊張感漂う関係と、どうしようもない人間らしさが魅力(←別所レビューから再録)

皆様も気に入った作品を見つけて楽しい時間を過ごされますように。