2012/03/20

お礼+SS 【サイト・なろう転載済

[ ]
閲覧&拍手(多分連打も)、アンケートご回答ありがとうございます! 去る3/17(多分)にサイトトップのカウンタが22万を越えました。今までご訪問下さったのべ22万人の皆様に改めて感謝を。

それから恋愛遊牧民Gさんの「読者のお薦め作品」アンケートで拙作にご投票下さった皆様、ありがとうございました。裏通りの小店(しかも営業日が少ない)的ポジションのサイトなので、あちこちで皆様の口コミに助けて頂いています。これからも(営業日少ないけど)細く長く続けていく所存ですので、どうぞよろしくお願いします。

ということで、お礼SSをおいておきます。追記よりどうぞ。(そのうちサイトにもサルベージします。)


■巣ごもり

「ロビン。春は恋の季節だ。君と同じ名前の鳥に倣って僕達も巣ごもりしよう。」
 明るく誘うようなチップの声に対して電話を受けたキャットの返事は冷たかった。
「フライディ。自分で言ってて恥ずかしくならない?」
 しかしチップはまったくへこたれずに続けた。
「君は着替えをバッグに詰めて。巣の方は僕が用意する。」
「本気で言ってる?」
「僕の本気をすぐに見せてあげるよ。」

 慌てて用意した荷物を何とかバッグに押し込んだキャットは、寮の玄関に降りた。まだチップの車は来ていなかった。
 ほっとしたのもつかの間、目の前に停まっていた黒い車にクラクションを鳴らされて飛び上がった。黒っぽい窓ガラスが少し下がってすきまからチップの声がした。
「ロビン、悪いけど自分でドアを開けて乗って。」
 いつもは必ず車から降りてエスコートしてくれるチップが、運転席からそう言った。ちょっとした違和感を覚えながらキャットは言われたとおりに車に乗り込んだ。
「いつもの車はどうしたの?」
「後で説明するよ。」
「どこに行くの?」
「僕達の巣だよ。」

 車を降りる時になって、ようやくキャットはチップの不調に気付いた。
「フライディ! その足どうしたの?」
 きびきびとしたいつもの動きとは異なる、スタッカートのリズムを刻む歩き方に、キャットが叫んだ。
「軽い捻挫だよ。たいしたことないけど、人前でこんな歩き方してたら絶対に誰か僕のくるぶしを蹴りに来る奴がいると思って、しばらく身を隠すことにしたんだよ。」
 チップはそううそぶいたが、キャットは下唇を噛んでチップの手から自分の荷物を奪った。
「自分で持つ。」
「こんな荷物、なんでもないさ。何なら君ごと抱えていこうか。」
「やめてよ。」
 そう言ってチップを見上げたキャットの顔が本当に心配そうだったので、チップは軽口を叩くのを止めてキスをした。
「心配かけてごめん。他の人に気を使わせたり、侍従たちにここぞとばかりにお説教をくらうのが嫌でね。君にも黙ってた方がよかったかな。」
「ううん。」
 キャットが首を横に振って、そっと抱きついてきた。
「うーんと優しくしてあげるね。」
「わお。」
 チップが幸せそうにつぶやいた。

 チップがソファに座ると、かいがいしくキャットがオットマンを用意した。
「足、もっと高くした方がいいんじゃない?」
 捻挫した方の足を乗せたチップが本を開いてほどなく、キャットがそう言い出した。
「心臓より下にするとずきずきするでしょ?」
 チップが幸せそうに答えた。
「足は大丈夫だけど、君の優しい声を聞くと心臓がずきずきするんだ。」
「フライディ、真面目に言ってるの。」
「僕もだよ。ほら、嘘じゃないだろう。」
 チップがキャットの手をとらえて自分の胸に押し当てた。もう一方の手はキャットの背中に添えて、逃がさないようホールドしていた。
「駄目だよ、フライディ。先に食事しよう。」
「先に食事ってことは、後には何があるのかな。」
 嬉しそうに言ったチップは、キャットにつきとばされてソファに転がった。そのまま逃げていくキャットの背中に声をかけた。
「ああ、幸せだ。君となら楽しく過ごせるって分かってたんだ、バディ。」
 ちらっと流し目を送ったキャットが、チップにべえっと舌を突き出してからキッチンに向かった。

end.(2012/03/20)