2016/07/26

ページの端(pisforpage超短編)■雪の日 【サイト未・なろう済

[ ]
 目覚ましを止めても起こしてくれるから。
 彼の枕に顔を埋めて寝るのがすごく幸せだから、安心してた。

 今朝起きたら誰もいなくて「とうとう彼に見捨てられた!」って絶望でわんわん泣いた。

 雪かきから戻った彼に「なんで泣いてるの」って言われてまたわんわん泣いた。

*〜*〜*

 ごめんなさい、ちゃんとひとりで起きます。いい人になります。変わります。捨てないで。

 って泣きながらすがりつく彼女にドン引きする。

 ……寝ぼけて俺の枕くんくんする姿が目が開かない子犬みたいでかわいいから俺が目覚まし止めてる、っていまさら告白したら怒るよな、ぜったい。